病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
個人情報保護方針

皮膚科

スケジュール 担当医

■ ご紹介

当院は地域医療支援病院に承認されており、地域の中核病院としての役割を担っています。
このため皮膚科も他科と同様に病診連携(当院⇔診療所)、病病連携(当院⇔他病院)を密接にして診療にあたっています。
つきましては
初診の方は、かかりつけ医からの紹介状をお持ちください。
また、かかりつけ医での通院治療を希望される場合はお気軽にご相談ください。お近くの皮膚科を紹介させていただきます。

診察は紹介状をお持ちの方、症状の重い方、再診予約をお持ちの方が優先となりますので、紹介状をお持ちでない方、再診予約をお持ちでない方には長時間お待たせすることが多くなっております。
誠に申し訳ございませんがあらかじめご了承ください。

また予約をお持ちの方でも緊急入院、処置など診療状況によりましては、予約時間よりもお待たせすることがありますが地域の中核病院としての特性上あらかじめご容赦ください。

■ 外来の特徴

  • 近隣のクリニックからのご紹介いただいた患者さんを中心に診療しています。
  • 皮膚科一般のほか、完全予約制の専門外来を設け、時間に余裕をもって診療にあたれるようにしています。

<専門外来>
膠原病外来: 週1回膠原病専門医を招聘していますが、初診は皮膚科一般外来となります。
フットケア外来(木・金): かかりつけ医から地域医療連絡室を通して予約をとることが可能です。


■ 入院の特徴

(過去の入院内訳はこちら)

shinzoubyoukyoushitsu201612_01


■ 診療内容

  • 難治性皮膚潰瘍に対しては神経学的検査、超音波血流計、ABI、サーモグラフィー、皮膚潅流圧、血管エコー、CTアンギオグラフィー、MRアンギオグラフィーなどを用いた原因の検索、病態の評価を行い治療しています。糖尿病や閉塞性動脈硬化症に伴う重症下肢虚血では循環器内科、形成外科と連携をとり治療方針を決めています。
    関節リウマチや強皮症など膠原病に伴う皮膚潰瘍は膠原病外来、整形外科と連携して治療にあたっています。
  • フットケア外来では糖尿病性壊疽による足切断の予防を目的に、主に糖尿病性足病変ハイリスク患者さん(糖尿病性多発神経障害、閉塞性動脈硬化症、足潰瘍、切断の既往)を対象として、リスクの評価と定期的なフットチェック、フットケアを行っています。
  • 接触皮膚炎、アトピー性皮膚炎では適宜、血液検査やプリックテスト、標準・金属アレルゲンなどによるパッチテストにて原因や増悪因子の検索を行い、生活環境の改善もはかっています。
  • アナフィラキシー蕁麻疹の原因精査は入院の上、プリックテスト、誘発試験を行っています。
  • 尋常性乾癬では生物学的製剤、光線療法、エトレチネート、シクロスポリン、外用療法から患者さんと相談し治療にあたっています。光線療法は当院ではターゲット型エキシマライト、全身型ナローバンドUVB/UVA照射器での治療が可能です。
  • 皮膚腫瘍: 表在エコーやダーモスコピーによる補助的診断も行っています。皮膚生検や腫瘍摘出術と病理組織診断を行っています。悪性腫瘍においては適宜、化学療法、放射線療法を行っています。
  • 陥入爪、巻き爪: 極力、爪を温存する方針で治療しています。コットンパッキング法、ガター法、人工爪、弾性ワイヤー、巻き爪矯正法などから患者さんと相談の上、最適な治療法を選択しています。(自費診療になるものもあります)
  • その他: 液体窒素によるイボや腫瘍の治療を行っています。高周波ラジオ波メスによる切開排膿やデブリードマン、腫瘍の切除を行っています。難治性円形脱毛症に対してはSADBEやステロイドハーフパルス療法も行っています。壮年性脱毛症にはプロペシアの処方が可能(自費診療)です。

最終更新日:2017年1月5日

PageTop