独立行政法人 地域医療機能推進機構 大阪病院

採用情報

心臓血管外科医師募集について

心臓血管外科を志す先生へ

当院 心臓血管外科では、2007年4月から新体制になり、5年が経過しました。手術症例数も順調に増加し、安定して参りました。病院の改築工事も始まり、経カテーテル的大動脈置換術(ステントグラフト)や大動脈弁置換術(TAVI)などが可能なハイブリッド手術室も設置されます。これらの十分に整った環境の中で思う存分腕をふるって、積極的に心臓血管外科医を志す先生を募集したいと思います。当院では心臓・胸部大動脈の手術だけではなく、腹部大動脈瘤、閉塞性動脈硬化症の手術も行っています。下腿動脈へのバイパス術も行う数少ない病院の一つでもあります。循環器内科とは週2回のカンファレンスを行っています。また形成外科、皮膚科などともフットケアチームを作って動脈硬化性病変の治療に当っています。

当院 心臓血管外科には外科学会指導医2名、心臓血管外科専門医4名、胸部外科指導医1名、心臓血管外科国際会員2名を有しており、心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)でもあり修練指導者は2名在籍しています。先生方の専門医の申請、更新には問題ありません。
現在手術は水曜日、金曜日に定期的手術を、その他の日は緊急手術を行っています。手術見学、病院見学は随時行っていますので、ご希望の先生は当院職員課に連絡をして下さい。

初期研修についてはホームページを参照して下さい。
後期研修プログラムの概要についてはホームページを参照してください。
「大阪で医療に励みたいが、医局に属していない」などの心配はいりません。大阪大学、大阪市立大学に限らず、将来の希望についての十分なサポートができます。心臓血管外科医として診療を行うことを希望される場合は、随時面接を行っています。

心臓血管外科専門医の申請・更新を志す先生へ

心臓血管外科専門医認定機構認定修練施設(基幹施設)であり、修練指導者は2名いますので、当院のみの修練で専門医の申請・更新には問題ありません。申請・更新必要な症例数、論文、学会参加などの面も把握し、患者さんの治療に当りたいと思っています。心臓・大血管ではなく、血管外科を希望される先生にとっても、ASOの症例数も問題なく、治療に当っていただけると思います。

外科学会専門医の申請を志す先生へ

当院は総合病院であり、外科学会専門医に必要な消化器外科、呼吸器外科、乳腺・内分泌外科も標榜しています。心臓血管外科だけではなく外科をローテーションすることで、症例数の問題はありません。

最終更新日:2022年08月03日