病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
個人情報保護方針

心臓血管外科

スケジュール  担当医

ご紹介

大阪病院では心臓血管外科と循環器内科とが一体となり、最新の高度医療設備と優秀なスタッフを集結し24時間緊急手術・治療体制を整えて心臓や血管の治療に取り組んでいます。2015年新病院への移転に伴って、ハイブリッド手術室を開設し、大血管のカテーテル手術や末梢血管のハイブリッド手術も自由に行うことができるようになりました。これからもどうかよろしくお願いいたします。


学会施設認定

三学会構成心臓血管外科専門医認定機構認定基幹施設
日本胸部外科学会教育基幹施設
胸部大動脈瘤ステントグラフト(TEVAR)実施施設
腹部大動脈瘤ステントグラフト(EVAR)実施施設


診療案内

大阪病院では、主として成人のあらゆる循環器疾患に対応することが可能な体制をとっています。特に平成17年よりは不整脈治療を専門とする内科医が参加し、平成27年からローターブレーター、経カテーテル的人工血管置換術(胸部、腹部)も認定施設となりました。当科は循環器内科との緊密な連携の下、心筋梗塞・狭心症などの冠動脈疾患や心臓弁膜症などの心臓の手術と、腹部大動脈瘤や胸部大動脈瘤などの血管の手術を行っております。患者さんが高年齢化する中で、大動脈瘤に対するステントグラフト治療や心拍動下冠動脈バイパス術などの低侵襲治療法も含めた、安全かつ効果的で、患者様のご希望に沿った治療法を選択させていただきます。


虚血性心疾患に対する外科治療
狭心症、心筋梗塞などの冠動脈疾患に対して冠動脈バイパス術を行っています。患者さんの状態を考慮した上で人工心肺装置を用いない心拍動下冠動脈バイパス術((OPCAB: off-pump CABG))を第一選択にしています。また心筋梗塞に合併する心室中隔穿孔、左室破裂、僧帽弁乳頭筋断裂に対する緊急手術にも対応しております。左室瘤や虚血性僧帽弁閉鎖不全症に対しては、左室形成術、僧帽弁形成術を行っています。
心臓弁膜症に対する外科治療
弁膜症に対しては、弁形成術ならびに人工弁置換術を行っております。僧帽弁閉鎖不全症に対しては僧帽弁形成術を積極的に行っております。大動脈弁疾患では人工弁置換術が主となります。人工弁には金属や炭素素材でできた機械弁とウシやブタの生体組織を用いた生体弁の二種類があります。それぞれの人工弁の長所・短所を理解していただいた上で患者さんの年齢やライフスタイルを考慮し決めさせていただきます。また心房細動を合併する患者さんに対しては積極的にMaze手術(心房細動を止める手術)を行っております。
大血管に対する外科治療
1)大動脈瘤
aどんな病気?
大動脈瘤は、人間の体の中で一番太い血管である大動脈が瘤状に腫れる病気です。大きくなると破裂して命に関わる重篤な疾患です。ほとんどの方が破裂直前まで無症状で、検診や他の病気の診察で偶然見つかることが多い病気です。腹部大動脈や弓部大動脈(右図)に生じる頻度が高くなっています。高血圧や喫煙歴のある中高年以上の方は、一度CTなどの検査を受けられる事をお勧めします。

 

 
治療は?
b・人工血管置換術:
従来この病気では、破裂する前に人工血管に取り替える手術が行われます。胸やお腹を切開して直接動脈瘤を切除する、確立された方法です。体を大きく切開し、人工心肺装置を使用する場合もあり、ご高齢や他にご病気をお持ちの患者様には、体の負担が大きくなることがあります。

 

 

 

 
・ステントグラフト内挿術:
cステントグラフトとは、金属のバネ(ステント)と人工血管(グラフト)を組み合わせて作られた、大動脈の血管内治療(カテーテル治療)用のデバイスです。バネを縮めて細長い棒のような状態にして、太ももの付け根の動脈から血管内に進めて、正常な血管同士を動脈瘤を超えて橋渡しするように留置します。それにより動脈瘤に血圧がかからなくなるため、破裂を予防できます。胸やお腹を大きく切開することなく動脈瘤の治療が可能です。動脈瘤の場所や血管の形によっては、ステントグラフトのみでの治療が困難な場合がありますが、近年の技術の進歩によって、カテーテル治療可能な領域が増えています。

 

 

 

d
当院では
e大動脈ステントグラフト治療を行うためには、外科的な手技と正確な血管内操作を行う必要があります。当院では最新式の据え置き型透視装置を手術室に完備(ハイブリッド手術室)しており、高度な大動脈治療を行うことが可能です。近年の血管内治療技術の発達によって、動脈瘤治療の選択肢が増えています。当院では患者様ひとりひとりに合った、最善の治療法を考えていきます。

 

 

 

f
 

 
2)大動脈解離
gどんな病気?
大動脈の壁は、内膜、中膜、外膜の3層構造になっています。高血圧などが原因で内膜に亀裂(エントリー)が出来てしまい、そこから中膜の層に血液が流れ込むことで、もともと血液が流れていた真腔と新しくできた偽腔の、“2枚おろし”になってしまいます。血管が裂けるために胸の前や背中に激しい痛みが起こります。大動脈の外側の壁が薄くなっているため、破裂したり(心タンポナーデ、血胸)、本来の血流を妨げることでいろいろな臓器に障害(脳梗塞、心筋梗塞、腸管壊死、腎梗塞、下半身麻痺など)を起こすことがあります。急激に発症して、命に関わる重篤な疾患です。大動脈解離には、心臓の近くの大動脈が裂けてしまっているA型解離と、背中に近い大動脈以下が裂けてしまうB型解離とに分類されています。
治療は?
hA型解離:
特殊な場合を除いて、緊急手術(人工血管置換術)が必要になります。心臓近くの大動脈をエントリーごと切除して、人工血管に取り替えます。人工心肺装置を使用した、開胸手術となります。
・B型解離:
i多くの場合は内科的治療(2?3週間の安静と降圧)が行なわれます。しかし、2?3割の患者様では、急激な大動脈の拡大や臓器の血流不足、治らない強い痛み、治療に反応しない高血圧が認められ、発症して2週間以内に治療が必要になります。従来、B型解離の手術成績は良好とはいえない状況でしたが、ステントグラフトの登場で近年、治療成績が向上しています。大動脈の内膜の裂け目(エントリー)をステントグラフトでふさぐことで、本来の血流を回復することが出来ます。また、B型解離を起こしてから何年も経つと、手がつけられない程広範囲に大動脈が瘤化する場合があります。そのような患者さまにも比較的早い段階でステントグラフト治療を行う研究が進んでいます。
当院では
大動脈解離は非常に複雑で、あらゆる病態が起こりうる疾患です。当院では、外科手術及び血管内治療を駆使して、大動脈解離に対してトータルに対応します。

j


末梢血管に対する外科治療
人工血管や自家静脈を用いたバイパス術を中心に血管内治療とのハイブリッド手術も院内で協力して行っています。また、血管外傷や急性動脈閉塞にも対応しています。
手術症例数
開心術と冠動脈バイパスの合計である主要心臓手術は100例前後ですが、内容的には心臓血管外科専門医制度の難易度C(高難度)は著しい増加を示し、難易度の高い手術を数多くこなす病院に変貌しました。2015年に新病院移転、ハイブリッド手術室開設に伴い、更なる症例数の増加が見込まれています。

 

 最終更新日:2016年4月12日

PageTop