面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

大腸CT

■大腸CT検査とは

大腸CT検査は、内視鏡を使わないで大腸がんやポリープを見つける新しい大腸の検査法です。大腸3DCT、バーチャル大腸内視鏡検査などともいわれています。便潜血検査が陰性でも、治療の必要な5mm以上のポリープが、この検査で見つかることがあります。
炭酸ガスを注入して大腸を拡張させ、低線量CTを用いて撮影します。
CT画像をもとに大腸の三次元画像を作成し、画像診断を行います。
housyasen1 housyasen2 housyasen3
長所と短所
【長 所】
①検査は短時間(10分程度)ですみます。
②内視鏡検査と比べ、前処置や検査の負担が少ないです。
③注入した炭酸ガスは速やかに吸収され、検査後の腹痛もほとんどありません。
④大腸内視鏡の挿入が困難(腸の癒着、腸が長い)な方でも検査が可能です。

【短 所】
①体外からの撮影であるため、病変の色や固さの情報が得られません。
②病変の組織を採取することはできません。したがって、大腸CT検査で病変が疑われた場合には大腸内視鏡検査を受けていただき、その病変が良性か悪性かの組織診断を受ける必要があります。
③平坦な腫瘍や5mm以下のポリープの検出能は大腸内視鏡検査と比べて劣ります。
④低線量ではありますが、医療被曝があります。

大腸CT検査:よくあるご質問へはこちら>>


最終更新日:2021年4月8日
PageTop