面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

当院LCの特徴

① 術前のLC手術難易度の評価 【DIC-CTにより難易度を決定:A~D】
A:胆嚢全体が造影剤で十分に造影される。
A’:胆嚢の一部が造影剤で描出されない。
B:胆嚢管は描出されるが、胆嚢は全く描出されない。
C:胆嚢管も胆嚢も全く描出されない。
D:総胆管あるいは総肝管が狭窄をきたしている。

② 術中胆道造影の施行:術前の把握が困難な病態を診断する上に有効
k8-1 k8-2 k8-3

総胆管内の遺残結石(左)、膵胆管合流異常症(中)、傍乳頭部憩室(右)

③ 当科LCの経緯と治療成績
1992年大阪府下で最初に腹腔鏡下胆嚢摘出術を手がけ、その合計は6000例を超えています。
近年10年間の開腹移行率は4.6%です。腹腔鏡手術を提示した症例100人のうち95人は腹腔鏡手術を完遂したことになります。

④ 在院期間が長期化する要因の把握
当科では入院治療の指針にクリニカルパスを用いており、退院日は術後5日以内に設定しています。入院が長期化する可能性もあり、その要因を検討し、予想スコア―として数値化することにしました(下図)。退院可能な3条件として、追加の治療を必要としないこと、術前の生活に復することができること、検査値が術前の二倍以下であること、を設けています。

k9
--------------------------------------------------------------------------------------------------
LOS Prediction Score=
-64.1082
+22.6443×ASA score[1,2,3]
+ 8.1703×LC difficulty on image[1,2,3,4,5]
+ 0.1087×Operation time(min)
+ 0.0259×ALP(U/L)
+ 8.1211×Laparotomy[0,1,2]
+ 8.4002×Thickened gallbladder wall[0,1]
+ 4.1326×Blood loss[1,2,3,4,5,6]
+ 0.2306×Age(years)
--------------------------------------------------------------------------------------------------
・ASA score:[1(ASA 1), 2(ASA 2), 3(ASA 3)]
・LC difficulty on image:grades are showed as follows*
・Laparotomy:[0(no), 1(lower abdomen), 2(upper abdomen)]
・Thickened gallbladder wall :[0(no), 1(yes)]
・Blood loss:grades are showed as follows**
【追加説明】
*: LC difficulty on the image
Grade 1 (GB is completely showed), Grade 2 (GB is partially defected), Grade 3 (cystic ductis only revealed), Grade 4 (cystic duct is not visualized), Grade 5 (hepatic or bile duct isnarrowed)
**: Grade of blood loss
Grade 1 (<50 ml), Grade 2 (50~100 ml), Grade 3 (101~200 ml), Grade 4 (201~300 ml),Grade 5 (301~500 ml), Grade 6 (>500 ml)

最終更新日:2016年6月14日

PageTop