面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

肝胆膵悪性腫瘍に対する当科の方針

安全な手術を遂行するには

肝胆膵悪性腫瘍の手術が大きな侵襲となるその要因は、難度の高い手術が多いことに加え、切除範囲が広汎で手術が長時間におよぶことが考えられます。また、術後合併症の発症頻度が約10%と高率にみられ、合併症の発症は重篤な病態を引き起こします。これらをふまえ、以下に当科の治療方針を記載します。

⇒いかに安全な手術を行うか

術後再発を防止するための対策は

肝胆膵の悪性腫瘍は、根治切除後も再発率が高い疾患です。再発をおこさない目的に、術後の抗がん剤治療を積極的に行っており、その治療内容の詳細を以下に記載します。

⇒抗がん剤の内容

ただし、肝がんを発症した患者さんは、C型肝炎に起因する場合が多く、残肝再発精査を中心に、消化器内科とともに経過観察を行っています。

終末期を迎えた際には

緩和医療チームと協力し、疼痛軽減をはかります。

緩和医療チーム(緩和ケアについて)

医療福祉チームが介入し、地域医療連携のもと適切な治療方針を提供します。

医療福祉チーム(医療福祉相談室)


最終更新日:2016年6月14日

 
PageTop