面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
メール相談
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
病院広報誌
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について
LINE
LINE
看護部インスタグラム
産婦人科instagram

病理科

担当医

ご紹介

病院における病理科、「びょうり」部門とは入院患者の一日三度の食事や職員食堂の昼食を用意するため「りょうり」(料理)する部門ではありません。患者さんの病巣組織の一部を採取し顕微鏡で観察、癌かあるいは他の疾患かを診断する部門であります

胃カメラや大腸内視鏡検査で消化管粘膜面を観察しながら異常部分の粘膜組織片を採取し(生検)、そのパラフィン切片にH-E染色を施した組織標本を作製し、これを顕微鏡下に観察して胃癌や大腸癌があるのか、又は、潰瘍や炎症やポリープだけなのか?を判定し診断する。病理科とはこのような診断業務を司る部門であり、病院にとっては極めて重要な役割を担っております。

特徴

そして、喀痰、尿、胸腹水、子宮頸管や内膜からの擦過材料、乳腺・甲状腺・リンパ節などの穿刺材料をスライドグラスに塗布してパパニコロー染色を行いやはり光学顕微鏡にて癌細胞の有無を見分ける細胞診も病理科の主たる業務の1つであります(細胞診)。
さらに、手術で摘出された臓器あるいはその一部を肉眼的に充分に観察してそれから病理組繊標本を作製し、癌であるならば、取り残しなく完全に摘出されているかどうか、周辺リンパ節転移の有無についても詳しく検索します(手術材料検索)。
手術中でも癌が完全に切除しきれているかどうか、切除断端組織を-30℃で迅速に凍結して染色し、その凍結切片を顕微鏡下に即座に診断し、その結果を手術中の執刀医に連絡し癌がまだ取り残されているならば追加切除するように指摘します。術中迅速凍結切片診断は時にその手術の成否にかかわる決定的な鍵を握る事が多く、我国でも大手術を行う場合には病理部門の整備充実が必須の条件と言われてきています。
患者さんから採取された材料はより的確な診断を下すために、特殊染色、免疫組織化学や蛍光抗体法を駆使し、場合によっては電子顕微鏡を用いてオングストローム単位まで拡大して超微形態を観察し病気の本態を追求します。 極めて難解な疾患で種々の治療の甲斐もなく又は予期せぬ経過で死亡した場合には、患者さん本人の遺志や遺族の了解の元で病理解剖を行い臨床病理検討会において疾患の本態の解明や診断の的確さや治療効果が討議されます。

このように病理科は、ほぼ臨床全科に対応して、頭のてっぺんから足の先までの採取された組織を丹念に観察調査し、各科に治療方針を決定させる最終診断を提供する役割を司っている部署なのです。

取り扱い件数

当院病理科における平成17年(1月-12月)の各々の件数は下記の如くであり、
全国的にみても高い件数を示し、日本病理学会認定施設となっています。
 生検・手術材料  7669件  病理解剖  27件
 細胞診  9222件
 術中迅速診断  512件

お知らせ

病理科各種検討会はこちらへ >>
最終更新日:2015年6月16日
PageTop