病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
個人情報保護方針

眼科

スケジュール  担当医

当科では
  • 白内障(はくないしょう)
  • 緑内障(りょくないしょう)
  • ぶどう膜炎
  • 網膜剥離(もうまくはくり)
  • 加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい)
  • 糖尿病性網膜症(とうにょうびょうせいもうまくしょう)
  • 網膜動静脈閉塞症(もうまくどうじょうみゃくへいそくしょう)
  • 弱視・斜視(じゃくし・しゃし)
  • 視神経炎、視神経症(ししんけいえん、ししんけいしょう)
など、広い範囲の眼科疾患に対する治療を行っています。
また視能訓練士をはじめとする眼科検査スタッフや検査機器も充実しており、患者さんの病気の状態把握に必要な検査を速やかに行い迅速な診断・治療へと役立てております。

当科では最新の機器を用いて、ぶどう膜炎や加齢黄斑変性などの網脈絡膜疾患に対する病態評価、各種薬剤の硝子体投与などを含めたメディカル網膜の分野に力を入れています。原因不明のぶどう膜炎については、眼内液を採取して微生物DNAの同定をPCR法にて行ったり、硝子体生検による細胞診・サイトカイン測定などを行い、原因解明に努めております。またベーチェット病に対するレミケード治療、難治性ぶどう膜炎に対するシクロスポリン治療、眼内悪性リンパ腫に対するメトトレキセート硝子体投与、加齢性黄斑変性や糖尿病性網膜症、網膜静脈閉塞症に対する抗VEGF薬の硝子体内注射などの最先端の治療も行っております。
硝子体手術も専門術者が2018年4月より2人態勢となり、網膜剥離等の緊急を要する手術にも対応できるようになっております。

緑内障診療にも力を入れています。眼圧上昇や視神経障害の起こる原因を正確に特定することにより、より安全で確実な治療が可能になり、不必要な治療を避けることができます。現在のところ、眼圧下降が唯一の医学的根拠のある緑内障治療です。当院では入院による眼圧日内変動測定を行っており、必要な場合患者さんに1泊2日で入院していただき、3時間おきに眼圧を測定し眼圧の日内変動を調べることを行っています。そして患者さん一人ひとりに進行を予防できる可能性の高い目標眼圧を設定し、その眼圧レベルに至るために、点眼治療、レーザー治療、手術治療と最善の治療を選択しています。
また小児眼科(特に斜視・弱視)も専門外来を行っております。大阪大学で十分経験を積んだ医師が診療にあたっております。麻酔科の協力により、全身麻酔下での小児の斜視手術を行えるよう体制を整えております。全身麻酔の斜視手術は基本前日入院で2泊3日となります。
その他の疾患についても、最先端の医療を安全に提供することをモットーにスタッフ一丸となって積極的な治療に取り組んでいます。手術以外でも各専門外来担当医師があらゆる患者さんのご相談にお答えするよう努めておりますので、是非ご相談ください。

各種手術について

    • 白内障手術
白内障手術は、日帰りまたは短期入院(1泊もしくは2泊)での手術を選択することができます。ほぼ全例が小切開の超音波手術で、乱視の少ない手術、出血の少ない手術、早い社会復帰を目指しています。
乱視矯正効果のある眼内レンズも使用しています。多焦点レンズは自由診療となるため、当院では扱っておりません。
なお、感染の危険を考え、両眼手術の場合は2週間あけて片眼ずつの手術としています。
    • 硝子体手術
2018年4月より冨田医師が赴任し、硝子体手術術者が2人態勢となりましたので、予定、緊急も含め網膜剥離や黄斑円孔、黄斑前膜などの網膜疾患やぶどう膜炎による硝子体混濁などに対する硝子体手術が随時可能となっております。眼内レンズ脱臼の整復等も積極的に行っております。
    • 緑内障手術
緑内障手術も従来の線維柱帯切除術や線維柱帯切開術だけでなく最新のチューブシャント手術も導入しており幅広い症例に対して手術を行っております。
    • 斜視手術
斜視手術は日帰り、入院ともに可能で小児の全身麻酔による手術も行っております。
その他外来手術
翼状片、結膜弛緩症等の外来小手術も随時行っております。

 
最終更新日:2018年6月8日
PageTop