病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

泌尿器科

スケジュール  担当医

診療指針

泌尿器科は、腎臓・尿管・膀胱・尿道の尿路、前立腺や男性外性器の病気などを診断・治療する診療科です。人口の高齢化に伴って前立腺疾患や各種の泌尿器科 がんが増えてきているのが現状ですが、その他にも小児から高齢の方に至るまで男性・女性を問わず腎・尿路の病気について診療させていただくのが泌尿器科で す。
さらに近年では、患者さんの高齢化に伴って泌尿器科以外のご病気を併せ持っておられることも多く、他の診療科と横断的に協力しつつ、患者さんのお体全体を診療するというチーム医療も大切にしています。
当院の泌尿器科の歴史は旧く、早い時期から泌尿器科の看板を掲げてきました。当泌尿器科では、狭い泌尿器科対象疾患をさらに細かく専門化することなく、泌 尿器科守備範囲の病気全体の診療に鋭意努力しています。交通のアクセスも良く、大阪府はもとより広く近隣の府県からの患者さんも来訪されています。

特徴

泌尿器科学会教育認定施設
● 泌尿器科専門医・指導医3人
当院泌尿器科では、非常にまれで特殊な専門性を必要とする疾患以外、すべての泌尿器科の病気の診療を行っています。主な疾患は、腎臓がん・腎盂尿管がん・ 膀胱がん・前立腺がん・精巣がんなどの泌尿器がんのすべて、尿路結石症、前立腺肥大症やその類縁疾患、神経の異常による排尿異常(神経因性膀胱)、尿失 禁、小児を含む尿路奇形、副腎や副甲状腺などの内分泌外科、尿路感染症などが中心です。怖がったり、恥ずかしがったりせずに泌尿器科のご病気の心配があれ ば、早めにご相談下さい。患者さんのご意向を反映しつつ適切な治療法をご一緒に考えてみましょう。
血液透析は当院の腎臓内科が担当しています。
紹介予約をお取りでない初診患者さん以外は、すべて予約制で診療しています。ただ、初診の患者さんやセカンドオピニオンを求められる患者さんも再診診療の間に診察が入ってきますので、予約時間通りに診療できないことがあります。この点は、ご了承下さい。
一年間の手術件数は体外衝撃波砕石術や前立腺針生検・レントゲン下小手術などを除いて約200例超で、各種の泌尿器科がん・前立腺肥大症・内分泌外科関係 などの手術を多く行っています。他に尿路結石の体外衝撃波砕石術も数多く短期入院で行っています。現在は最新鋭の体外衝撃波砕石装置で治療をおこなってい ます。
最近は、前立腺がんの疑いのある患者さんが多く(前立腺特異抗原:PSAの上昇が見られる方)、前立腺針生検も1泊2日でおこなっています。
2002年から、適応症例には腹腔鏡を使った鏡視下手術も取り入れていますが、実験的腹腔鏡手術に走らず、開放手術と鏡視下手術の利点・欠点を患者さんと一緒に吟味しながら進めています。
豊富な腎移植の経験者を抱える当泌尿器科としては、腎臓内科とタイアップして、2006年から生体腎移植を行っています。近年全国的に増加している血液型不適合腎移植も近々開始する予定です。
当院では外科や婦人科などの腹部臓器を扱う診療科と協力して、お互いの専門領域の手術を担当するなど、各診療科の枠を超えた横断的医療も積極的に行っています。

物理的に余裕がありませんので、美容外科的な包茎手術や避妊目的の精管結紮術(パイプカット)はご遠慮願っております。
当院の術後5年生存率(全ステージで)
腎癌: 88% (70-80%)
腎盂尿管癌: 73% (65-75%)
膀胱癌: 48% (40-65%)
前立腺癌: 100% (96-98%)
※カッコ内は他施設の成績
インフォームドコンセント
当泌尿器科では患者さんにご病状と治療法を充分に説明します。患者さんにもこれを充分にご理解いただいて「説明と同意」(インフォームドコンセント)にのっとって診療をおこなっています。ご病気を治すのは、私どもと患者さんの共同作業だからです。
セカンドオピニオン
複雑なご病気では他の病院の診断結果・治療方針に対する第二の意見(セカンドオピニオン)にもお応えできるよう態勢を整えています。セカンドオピニオンをお 求めの際には、そのご病気に関する紹介状・レントゲンフィルムなど第二の意見を判断する材料をお借りになってご来院下さい(どこの病院でも紹介状は書いて くれますから、セカンドオピニオンを求めるためとはっきり言ってお願いして下さい)。
また、当院の泌尿器科の診断や治療方針について他の病院にセカンドオピニオンをお求めになられることも尊重しています。
かかりつけ医(ホームドクター)をお持ちになるようお勧めします
ホームドクターの専門診療科にかかわらず、当院では地域中核病院としてホームドクターからの紹介や当院からのホームドクターへの医療情報連絡を通じて、当 院で行わなければならない診療・医療とお近くのホームドクターにお願いできる診療・医療の分業を患者さんのご負担と利便を考え推進しています。かかりつけ の先生を通じて初めてのご受診の際には初診のFAX予約をとることも可能です。さらに、介護保険時代をむかえ、ぜひお近くにホームドクターをお持ちになる ことをお勧めします。介護認定の依頼や在宅医療支援に際してはお近くのかかりつけのお医者さんをお持ちになることが必須になりつつあります。
その他にも、当院、泌尿器科受診の際には是非ともご自分のお体の問題や服用されているお薬の情報を紹介状としてご持参下さい。
手術や処置・検査に危険性を及ぼすお薬が処方されている場合が多々ありますので、そのような危険性を避けるために必要です。
個人情報の保護については、全病院的に情報の使用目的を限定し、また、他の目的に使用せざるを得ない場合には、個々の患者さんのご同意を条件としております。

外来・領域・専門外来

重ね重ねお知らせしているように泌尿器科疾患を細分化せずに、広く泌尿器科全般の疾患をスタッフ一同で取り扱うようにしています。
なお、非常に特殊な疾患や、新生児の手術(当院では手術中の新生児・生後間もないお子様の体温管理ができません)などは、しかるべき病院にご紹介いたします
また、専門外来については、スペース・医師数の関係で特に設けていませんが、判断の難しいご病気についてはスタッフ一同でカンファレンスなどの機会に詳細に検討しています。

お知らせ

泌尿器科ニュースはこちらへ >>


最終更新日:2015年6月16日
PageTop