病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
個人情報保護方針

耳鼻いんこう科

スケジュール  担当医

■ご紹介

耳鼻いんこう科は、聴覚・嗅覚・味覚・平衡感覚などを扱う感覚器のエキスパートであると同時に、摂食嚥下・音声言語・呼吸などの機能と、それに必要な口腔・咽頭・喉頭・鼻腔の専門的診察を行う診療科です。
私たちの病院では、特に声帯ポリープや声帯麻痺、種々の嚥下障害などのような「のど」の疾患の治療を専門としておりますが、中耳炎・突発性難聴・顔面神経麻痺などの耳の疾患や、副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎などの鼻の疾患、甲状腺腫瘍・唾液腺腫瘍などの頭頸部腫瘍まで、すべての一般的な耳鼻いんこう科疾患を対象に治療をおこなっております。当院での治療が難しい疾患であっても、大学病院などの各専門病院への連携も可能ですので、すべての耳鼻いんこう科疾患に対応可能となっています。

■診療内容

声帯腫瘤(声帯ポリープ・など) 顕微鏡下喉頭微細手術など
声帯麻痺 披裂軟骨内転術・甲状軟骨形成術・声帯内脂肪注入術など(入院治療)
声帯内アテロコラーゲン注入術(外来手術)
機能性音声障害 医師による音声訓練など
嚥下障害 嚥下内視鏡検査・嚥下造影検査の結果に応じて、摂食嚥下指導や嚥下機能改善
手術・誤嚥防止手術など
慢性中耳炎・真珠腫性中耳炎 鼓膜形成術・鼓室形成術など
顔面神経麻痺 早期にはステロイド大量療法・抗ウイルス薬投与を行い、誘発筋電図(ENoG)
や神経奮性検査(NET)の結果に応じて追加治療
突発性難聴 早期にはステロイド・デフィブラーゼ・プロスタグランジン点滴治療など
慢性副鼻腔炎・鼻中隔弯曲症 内視鏡下鼻副鼻腔手術・鼻中隔弯曲矯正術・下鼻甲介手術など
慢性扁桃炎・アデノイド増殖症 口蓋扁桃摘出術・アデノイド切除術など
甲状腺腫瘍・唾液腺腫瘍 甲状腺腫瘍摘出術・唾液腺腫瘍摘出術など
頭頸部悪性腫瘍 頭頸部悪性腫瘍全摘術・化学放射線治療など

■特色

◎当院では、発声・摂食嚥下・気道の機能に障害がある患者さんの診断・評価および治療を中心とした診療体制としており、特に声帯ポリープや声帯麻痺などの音声障害に対する手術治療を専門的に行っています。また、声の出し方に問題があるような機能性音声障害に対しても医師の指導による音声訓練を提供しています。現体制からは、欧州で開発され日本語でも適切性が証明されている客観的音声評価法であるAcoustic Voice Quality Index(AVQI)を導入して治療前後の音声の改善度を評価しています。
jibika_AVQI_Web

【図注】

①右声帯麻痺患者の術前の音声所見。発声時の声門間隙を認め、AVQI=9.32と著明な嗄声を認める。

②同患者の披裂軟骨内転術術後の音声所見。発声時の声門間隙は改善し、AVQI=2.44とほぼ正常範囲内に改善した。

◎嚥下機能障害に対して嚥下内視鏡検査および嚥下造影検査を行い、症状に応じた食事や生活環境について提案します。保存的に改善が困難な場合は、嚥下機能改善手術、誤嚥防止手術などの手術治療を行います。

◎悪性腫瘍(頭頸部扁平上皮癌)との鑑別が必要な頭頸部腫瘍について、適切な診断と治療を提供します。病期と患者さんの希望に応じて、化学放射線治療などの機能温存治療や原発巣全摘術などの根治手術を提供します。甲状腺腫瘍や唾液腺腫瘍についても、手術治療を中心とした積極的治療を提供します。

◎顔面神経麻痺や突発性難聴などの急性の神経障害に対する治療を行います。原則的には入院治療ですが、外来通院を特に希望される患者さんについては、事情と症状を勘案し、バランスのとれた治療方法について相談します。顔面神経麻痺については、標準的治療である入院でのステロイド大量療法および抗ウイルス薬治療を行った上で、適切な時期に予後評価(誘発筋電図(ENoG)・神経興奮性検査(NET))を行い、その結果に応じて追加治療を提供します。突発性難聴については、まずはステロイド点滴治療を行います。それでも改善が得られない場合には、入院でのデフィブラーゼ点滴治療を行っています。

◎急性炎症性疾患(扁桃周囲膿瘍・急性喉頭蓋炎・頸部膿瘍など)は緊急入院・緊急手術も視野に入れ、常に受け入れ態勢を整えています。

◎上記疾患以外にも、慢性中耳炎や、副鼻腔炎・アレルギー性鼻炎などの一般的な耳鼻咽喉科疾患を対象に治療をおこなっております。当院での治療が難しい疾患であっても、大学病院などの専門病院への連携も可能ですので、すべての耳鼻咽喉科疾患に対応可能となっています。

日本耳鼻咽喉科学会認定研修施設
日本気管食道科学会認定研修施設

最終更新日:2017年11月24日

PageTop