面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

病棟部門

施設紹介

8f 9f 13f-1
8階テラス 9階特別1床室 13階4床室 夜景(家具あり)
13f-2 13f-3 13f-4
13階スタッフステーション 13階デイコーナー 夜景 13階食堂前ホール

母子医療センター(産科病棟・NICU)

b02 b02
産婦さんや赤ちゃんの安全を第一に、助産師・看護師一人一人が良質で優しいケアの提供に努めています。
お産の際には、分娩に対する満足度が高められるようバースプランにそったケアを実施し、産後は、褥婦さんの体調や希望にそって母子同室を取り入れ、個別性に合わせた母乳育児を支援しています。また、退院後の継続的なサポートとして、2週間健診や母乳外来、新生児訪問も行っています。
NICU(新生児集中治療室)では、出産予定日より少し早く生まれた早産児や、少し小さく生まれた低出生体重児、何かしらの疾患や症状のある児の集中治療や看護が行われています。赤ちゃんが受けるストレスを最小限にして成長発達を促すことができるように、ディベロップメンタルケア・両親によるカンガルーケアを導入しています。

小児科病棟

b03
小児科病棟
入院患者さんの半数が0歳~2歳のお子さんです。
お母さんから頂いた免疫力も低下し、突然の発熱や下痢などで体調を崩しやすいですね。また、年齢の近いご兄弟がいらっしゃることも多く、入院と家庭のやりくりでご両親も疲労困ぱいです。
私たち医療スタッフは、突然の入院で不安・パニックになるお子さんに、少しでも怖い体験を「よく頑張ったプラスの体験に!」変え、ご両親のサポートができるようにと思って支援しています。

女性病棟

b05
産婦人科・乳腺内分泌外科を主とした女性患者さんの病棟です。
中央の食堂は非常に明るくテラスの緑も見え、ご家族やご友人と談笑ができる癒しの 場になっています。
看護師と看護補助者は、入院中から退院後の生活まで、安心・安全・安楽に過ごして 頂けるように支援したいと思っています。

脳神経内科外科病棟

b07
脳神経外科・脳神経内科を主とした病棟です。脳卒中の急性期を脱し、生活の再構築・社会復帰を目指して回復に向けたリハビリテーションを実施している患者様が多いです。患者様が抱える障害に対して、退院後の生活を見越して、医療福祉相談室やリハビリテーション科などの他職種と連携しながら看護ケアを実践しています。若いスタッフが多いですが、カンファレンを通して顔を見ながら話し合う風土を大切にしています。

脳卒中センター(SCU)

scu_1 scu_2
SCUは9床を有し、脳梗塞・脳出血・くも膜下出血等の患者が入室されます。症状の進行や急変を見逃さない密な観察を行い、症状の回復に向けて看護を行う病棟です。そして、早期から退院に向けて他職種と共に細やかな連携を図り、チーム全体で患者家族をサポートとしています。その為に、お互いを尊重し、思いを語り合える場を大切にしています。

循環器科・心臓血管外科病棟

循環器内科、心臓血管外科の専門病棟で46床の病棟です。クリティカルな状況に対応するために、最新の医療、看護の習得に努めるとともに患者様とご家族が、どのような生活を希望されているか、関係部署と連携をとりながら看護しています。病棟は新人看護師からベテラン看護師までそれぞれの看護について熱く語り、チームワークよく、明るく、活気のある病棟です。ひとりひとりの患者様に寄り添う看護を目指し、日々努力しています。

消化器内科病棟

食道から大腸、肝・胆・膵の消化器内科病棟です。「癌根治治療=手術」という概念から薬剤・内視鏡等の医療機器の開発、技術の進歩に伴い、臓器温存、QOLの維持と治療の選択肢が増えた中、「明るい笑顔」「軽いフットワーク」「人を思い、尊重する心」をモットーに患者様・ご家族様の意思・希望を共有し、叶えるための努力を惜しまないスタッフが揃っています。患者様が大切にされているとご家族様にも実感していただき、ともに治療に参加される看護が提供できるよう努めています。
 

消化器外科病棟

当病棟は消化器外科専門病棟です。悪性疾患に対して、手術療法だけではなく化学療法および放射線療法を受けられる方、ターミナル期における症状緩和を入院目的とした患者様が沢山おられます。私たちは治療に関したケアだけではなく、患者様が自ら意思決定できその人らしい日常生活が送れることを大切に、力を合わせて日々頑張っています。

呼吸器内科外科病棟

呼吸器内科・呼吸器外科の呼吸器専門の病棟です。呼吸器疾患の患者様の看護なら当病棟にお任せください。
呼吸器疾患と言いますと「苦しい」というイメージがありますが、今は息苦しさを早期から緩和する方法を取り入れています。
当病棟は、若さあふれる看護師が、一人ひとりの患者様・家族様と一緒に、どのような看護を行ったら一番良いかを考え、看護計画を提示させていただき、満足していただける看護を実践して、お互いが満足できるように頑張っています。。

整形外科病棟

日々回復される患者様からパワーをもらいながら、回復を支えられるよう他職種と連携を図り、スタッフ全員が協力しあって看護に取り組んでいます。また、それぞれの患者様の退院後の生活を共に考え、カンファレンスを積極的に行いながら個別性のある看護を行えるよう努めています。コミュニケーションを大切にしており、笑顔の溢れる病棟です。

泌尿器科・整形外科病棟

11階西病棟は泌尿器科、整形外科の病棟です。泌尿器科では周術期から終末期、腎臓内科の慢性期と合わせて幅広い看護を提供します。高齢者が圧倒的に多いのですが、10歳代の検査入院もあり対象年齢も幅広いのが特徴です。
医師、看護師はもちろん薬剤師、栄養士、理学療法士など多職種でチームワークよく医療や看護を提供することをモットーに病棟作りをしています。

眼科・耳鼻いんこう科・腎臓内科病棟

13階東病棟は、眼科・耳鼻いんこう科と腎臓内科病棟です。眼科・耳鼻いんこう科においては、安全安楽に手術が受けられ治癒できるように援助を行っています。術後、視力回復や疾患の改善した患者様から、喜びの言葉を多く頂いています。腎臓内科では、血液透析や高齢患者様が多く、その人に適した看護が実施できるように考えています。スタッフ同士が協力しあい、明るく元気で和気あいあいとした病棟です。患者様の楽しそうな笑顔が見れるように日々頑張っています。
b20

皮膚科・形成外科・糖尿病内科病棟

hihu_keisei_tonyo_1 hihu_keisei_tonyo_2
皮膚科、形成外科、糖尿病内科、歯科口腔外科の混合病棟です。明るくヤル気のあるスタッフが多くチームワークは抜群です。患者さん、ご家族の望む姿が実現できるよう、多職種と連携しながら心温まる看護の提供と、さらにスタッフがイキイキ☆と働き続けられる職場環境づくりを目指しています。

最終更新日:2019年4月30日

PageTop