卒業の認定に関する方針:関連する資料(3つのポリシー)

ディプロマ・ポリシー (卒業の認定に関する方針)

1. 幅広い教養や豊かな感性を身につけ、他者を思いやり、誠実に行動することができる。
2. 人間の生命と人間としての生命の尊厳・権利を尊重して対象にかかわる態度が身についている。
3. 看護の対象である人間を統合体として理解して、生活を営む存在として幅広くとらえることができる。
4. 看護の対象にコミュニケーション技術を活用して、援助的人間関係を構築できる。
5. 科学的根拠をもとに、安全かつ安楽に看護実践できる知識・技術・態度が身についている。
6. 保健・医療・福祉システムにおける看護職やその他の専門職の機能と役割を理解することができる。
7. 他職種の人々との連携において、看護専門職の役割を果たしていくために必要なコミュニケーション能力が身についている。
8. 自己を内省し、自己を客観的に見つめることができる態度が身についている。
9. 課題達成向けて、主体的かつ継続的に取り組むことができる。

カリキュラム・ポリシー (教育課程の編成及び実施に関する方針)

教育目標やディプロマ・ポリシー等を達成するために必要な教育課程の編成や授業科目の内容および教育方法について大阪病院附属看護専門学校の基本的な考え方を以下の通り定めます。

1. 本校のカリキュラムデザインは漸進型とし、学年の進行とともに系統的かつ発展的に学ぶことで、高度な専門教育につながる構成としています。
2. 看護専門職としての知識・技術・態度を修得するために、5つの科目群「基礎分野」「専門基礎分野」「専門分野Ⅰ」「専門分野Ⅱ」「看護の実践と統合」とし体系的に編成し、講義、演習、そして実習へと段階的に学習を深められるような授業を展開します。  (*5つの科目群のカリキュラム・ポリシーは下記に示す)
3. 能動的に学ぶことができるように、授業ではグループ・ディスカッション、ディベート、グループワークを中心とするアクティブ・ラーニングを促進し、また学年を超えたピアサポートチームを結成し活動をすることで、協調性、倫理的態度、リーダーシップを自己研鑽する態度を身に付けることができるよう編成しています。
4. 実習では附属病院と連携し指導を充実することで、臨床において看護技術を介助・実践をすることができ、体験を通して看護技術実践能力の強化に努めています。
5. 学修成果の評価は、授業科目のねらいや授業目標にあわせ筆記・技術試験・レポート等で適正な評価を行います。加えて、看護技術や実習においては、ルーブリック評価を用いることで到達度を可視化し、自己教育力を育むとともに総合的な評価を行います。
6. 学修成果の評価および学生自らの授業への取り組みの主観的評価、学生における授業・卒業時アンケート結果などを活用することで、教育方法の改善につなげています。

アドミッション・ポリシー (入学者の受け入れに関する方針)

1. 看護師となって働きたいという明確な意思を持つ人
2. 人に関心を持ち、人との関わりを大切にできる人
3. チームワークを大切にし、高め支え合える関係性を築ける人
4. 他者の意見をよく聞くことができ、かつ自分の意志を(相手にわかるよう)論理的に表現できる人
5. 保健・医療・福祉に対して、関心がある人
6. 目標に向かって物事に粘り強く取り組める人
7. 自己の生活を整え、心身共に健康管理のできる人

入学者選抜の実施にあたっては、入学試験および高等学校における調査書や面接などを用いて、多面的・総合的に評価します。
5の科目群
【基礎分野】
専門基礎および専門分野の基礎となるものとして位置づけ、人間と社会を幅広く理解し、豊かな感性と人間を尊重する態度を養うこと、ものごとを実証的・論理的・体系的にとらえる思考や表現を学び、主体的に判断・行動できる能力が養えるよう科目を構成しています。

【専門基礎分野】
基礎分野を基盤として、人体の構造・機能と疾病の成り立ちや治療を学び、看護に必要な観察力・判断力の基礎となる能力と、人々の健康の維持・増進のためにチーム医療を実践するための基礎的能力を養えるような配置としています。

【専門分野Ⅰ】
基礎看護学では、看護の本質を追究し、「看護とは何か」を主題に看護の対象の理解、看護者としてのものの見方・考え方を理論に基づいて学べるように構成しています。そして、各看護学及び在宅看護論の基盤として科学的根拠や倫理的配慮に基づいた基礎的知識・技術・態度を身につけていきます。

【専門分野Ⅱ】
「精神看護学」はあらゆる発達段階・健康段階にある対象に対人関係を基盤として心の発達と心の健康の維持・増進、健康障害からの回復を目的に行なわれるため、すべての領域の柱および、基盤とし、人間の発達段階を軸として「成人看護学」「老年看護学」「母性看護学」「小児看護学」を位置づけました。そうすることで、看護の対象である人間を統合的に理解し、あらゆる健康段階・成長発達段階にある人々に対して看護を実践できる能力を身につけます。

【看護の実践と統合】
看護を主体的に実践できる判断力・行動力、看護をマネジメントできる基礎的能力を養うことをねらいとしました。また、既習の知識・技術・統合を図るとともに、看護の専門性・ケアの質の向上を追及する態度を身につけ、科学的根拠に基づいた看護が実践できる能力を習得できるように教授します。

 

 

 

 

 
PageTop