カリキュラム

学生一人ひとりの個別性を捉え、細やかな指導を心がけています。生命の尊厳を尊重する倫理観を備えた豊かな人間性を養うとともに、専門職として保健・医療・福祉との協働の中で、看護を主体的に実践できる看護師を育成することを教育目標としています。

教育理念と教育目標については こちら

基礎分野は、大学の講師を招き講義をして頂きます。専門基礎分野、専門分野、統合分野はJCHO大阪病院から講師(医師・看護師)を招き、より理解が深まるよう授業を展開しています。

基礎分野
区  分 科  目 単位数 時間数 開  講  時  期
1 年 次 2 年 次 3 年 次
前 期 後 期 前 期 後 期 前 期 後 期
科学的思考の基盤 心 理 学 1 30          
教 育 学 1 30          
論 理 学 1 30          
情 報 科 学 1 30          
人間と生活、社会の理解 生 物 学 1 15          
社 会 学 1 30          
生 活 科 学 1 30          
哲   学 1 30          
人間関係論 1 30          
英 語 Ⅰ 1 30          
英 語 Ⅱ 1 15          
健康スポーツ科学 2 45          
専門基礎分野
区  分 科  目 単位数 時間数 開  講  時  期
1 年 次 2 年 次 3 年 次
前 期 後 期 前 期 後 期 前 期 後 期
人体の構造と基盤 解剖生理学Ⅰ 1 30          
解剖生理学Ⅱ 1 30          
解剖生理学Ⅲ 1 30          
生 化 学 1 30          
栄 養 学 1 15          
疾病の成り立ちと回復の促進 微生物学 1 30          
薬 理 学 1 30          
病 理 学 1 30          
病態治療論Ⅰ 1 30          
病態治療論Ⅱ 1 30          
病態治療論Ⅲ 1 30          
病態治療論Ⅳ 1 15          
病態治療論Ⅴ 1 30          
病態治療論Ⅵ 1 30          
病態治療論Ⅶ 1 30          
健康支援と社会保障制度 医 療 概 論 1 15          
公衆衛生学 1 15          
関 係 法 規 2 45          
社 会 福 祉 2 45          
専門分野Ⅰ
区  分 科  目 単位数 時間数 開  講  時  期
1 年 次 2 年 次 3 年 次
前 期 後 期 前 期 後 期 前 期 後 期
看護学概論 1 30          
基礎看護技術 基礎看護技術 援助論Ⅰ 1 30          
基礎看護技術 援助論Ⅱ 1 30          
基礎看護技術 援助論Ⅲ 1 30          
基礎看護技術 援助論Ⅳ 1 30          
基礎看護技術 援助論Ⅴ 1 30          
基礎看護技術 援助論Ⅵ 1 15          
基礎看護技術 援助論Ⅶ 1 30          
臨床看護総論 臨床看護総論 方法論Ⅰ 1 30          
臨床看護総論 方法論Ⅱ 1 30          
実習 基礎看護学実習Ⅰ 1 45        
基礎看護学実習Ⅱ 2 90          
専門分野Ⅱ
区  分 科  目 単位数 時間数 開  講  時  期
1 年 次 2 年 次 3 年 次
前 期 後 期 前 期 後 期 前 期 後 期
成人看護学 成人看護学概論 1 30          
成人臨床看護 援助論Ⅰ 1 30          
成人臨床看護 援助論Ⅱ 1 30          
成人臨床看護 援助論Ⅲ 1 30          
成人臨床看護 援助論Ⅳ 1 30          
成人臨床看護 援助論Ⅴ 1 30          
成人看護学実習Ⅰ 2 90          
成人看護学実習Ⅱ 2 90          
成人看護学実習Ⅲ 2 90          
老年看護学 老年看護学概論 1 30          
老年臨床看護 援助論 1 45          
老年看護技術 1 15          
老年看護学実習Ⅰ 2 90          
老年看護学実習Ⅱ 2 90          
小児看護学 小児看護学概論 1 30          
小児臨床看護 援助論Ⅰ 1 30          
小児臨床看護 援助論Ⅱ 1 30          
小児看護技術 1 30          
小児看護学実習 2 90          
母性看護学 母性看護学概論 1 30          
母性臨床看護 援助論Ⅰ 1 30          
母性臨床看護 援助論Ⅱ 1 30          
母性看護技術 1 30          
母性看護学実習 2 90          
精神看護学 精神看護学概論 1 30          
精神臨床看護 援助論Ⅰ 1 15          
精神臨床看護 援助論Ⅱ 1 30          
精神看護技術 1 30          
精神看護学実習 2 90          
統合分野
区  分 科  目 単位数 時間数 開  講  時  期
1 年 次 2 年 次 3 年 次
前 期 後 期 前 期 後 期 前 期 後 期
在宅看護論 在宅看護学概論 1 30          
在宅看護 援助論Ⅰ 2 45          
在宅看護 援助論Ⅱ 1 15          
在宅看護論実習 2 90          
看護の統合と実践 医療安全 1 30          
看護の統合 1 30          
看護研究 1 30          
看護技術統合演習Ⅰ 1 15          
看護技術統合演習Ⅱ 1 15          
看護統合実習 2 90          
教育課程の詳細は⇢こちら(PDF)
授業計画(シラバス)は→こちら
演習: 学生同士が患者役と看護師役になり、看護技術を習得する、演習などがあります。
実習: 全授業の3分の1は実習です。
実習は緊張と充実の連続。
臨地実習は、JCHO大阪病院で患者様を受け持ち、その患者様に必要な看護とは何かを
自分で考えながら実行する力をつけていきます。
実習は、病院のほか、保育所、訪問看護ステーション、老人福祉施設などでも行います。
基礎分野

・人間と社会を幅広く理解し、豊かな感性と人間を尊重する態度を養う

・ものごとを実証的・論理的・体系的にとらえる思考や表現を学び、主体的に判断・行動できる能力を養う

人間関係論

カウンセリングマインドエクササイズ
専門基礎分野
  • 人体の構造・機能と疾病の成り立ちや治療を学び、看護に必要な観察力・判断力の基礎となる能力を養う
  • 人々の健康の維持・増進のための保健・医療・福祉制度を総合的に理解し、チーム医療を実践するための基礎的能力を養う
専門分野Ⅰ
  • 「看護とは何か」を主題に看護の対象の理解、看護者としてのものの見方・考え方を看護理論に基づいて学ぶ
  • 科学的根拠や倫理的配慮に基づいた基礎的知識・技術・態度を習得する
 
基礎看護技術 授業
   
 
活発なグループワーク    
基礎看護技術 演習
   
車椅子移乗の介助 体位変換 ベッド上での洗髪
 
感染防止の技術 シミュレータを用いた静脈血採血  
専門分野Ⅱ
  • 看護の対象である人間を統合的に理解し、あらゆる健康段階・成長発達段階にある人々に対して看護を実践できる能力を養う
成人看護学
小児看護学
 
実習前にモデル人形を使用した吸引技術の練習 実習前のグループワーク。
絵本の読み聞かせの練習、子どもが安心して治療を受けられるよう援助を考えています。
離乳食の試食
母性看護学
   
実習前の技術練習。
妊婦や新生児が、安全・安楽に過ごせるよう、基本的な技術を身につけます。
総合分野
  • 看護の基礎分野・専門基礎分野・専門分野で学んだ知識・技術・態度の統合し、対象のおかれている場・状況・状態に応じた
    看護を実践できる能力を養う
在宅看護論
看護の統合と実践
今まで習った知識・技術を総動員!
より臨床場面に近い患者設定で演習し、実践で活用できる看護技術の習得を目指します。
在宅で療養している人を、自転車で訪問します。  
最終更新日:2021年5月28日
PageTop