学校長挨拶

学校長からのメッセージ

gakkoutyo_aisatu

命を支え暮らしを守り、そしてあなたを幸せにする職場が待っています。


昭和33年4月に厚生年金病院大阪高等看護学院が、大阪厚生年金病院の敷地の中に開校したのが本校の始まりです。平成26年4月に、厚生年金事業団が地域医療機能推進機構(JCHO)へ組織移行したのにともない、名称がJCHO大阪病院附属看護専門学校となりました。伝統ある本看護専門学校では、経験豊かな専任教員や講師による解りやすく丁寧な講義、時に厳しいが心暖かい指導、そして明るく楽しい学習と実習を通して、人の健康や命を預かる看護専門職に必要な全ての医学と看護の基礎的知識を十分学ぶことができます。同時に、高い看護やケアのスキルを身につけることもできます。実際に、ここ数年間、本校の看護師国家試験の合格率は、毎年100%を誇っています。加えて、看護師になった後には、卒業生のかなりの方が、高い専門性を身につけ認定看護師、専門看護師、特定看護師の資格を取り、中には大学教授として、或いは、海外協力隊でいきいきと活躍されている人もいます。
寿命の延伸と人口構造の変化を受け、看護とケアは非常に重要なものになり、世に広く求められる職種になっています。同時に、医療も看護も日々進歩しており、高度で専門化しています。是非、本校で一緒に学び、最新の看護ケアの知識を習得し、最高の技術を身につけましょう。看護を通し、人に愛され、人にほめられ、人の役に立ち、そして何よりも人や社会から求められる人になってもらい、最終的に皆さん自身が本当に幸せになるよう、こころより祈念します。
皆様と一緒に“学び”そして“働ける”よう、お待ちしています。 

                                                     JCHO大阪病院附属看護専門学校 校長

                                                                西田 俊朗


学校の沿革


1958 年(昭和33)
 4月 16日 「厚生年金病院大阪高等看護学院」開設(定員20名)
1961 年(昭和36)
 3 月   大阪厚生年金病院の敷地内に寄宿舎設立
1973 年(昭和48)
 1学年の定員数を20名から30名に増員
1977 年(昭和52)
 1学年の定員数を30名から40名に増員
1978 年(昭和53)
 4月 1日 専修学校移行の認可として認可され「大阪厚生年金看護専門学校」と名称変更
1988 年(昭和63) 
 新校舎設立
1995 年 (平成7)
  3月 17日 兵庫県西宮市に寄宿舎を建設し移転
2014 年(平成26)
 4月  1日 独立行政法人地域医療機能推進機構へ移行
「大阪病院附属看護専門学校」と名称変更
2020 年(令和2)
 3月  寄宿舎閉鎖

最終更新日:2020年5月20日

PageTop