面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

肩スポーツクリニック

診察日

■ 初診:金曜AM(山田)
■ 再診:月曜AM(山田)、水曜PM(五藤)

担当医の紹介

山田真一
略歴:
1996年6月  大阪大学医学部整形外科学教室に入局
1996年6月~1997年6月  大阪大学医学部附属病院
1997年7月~1997年12月  千里救命救急センター
1998年1月~1998年12月  住友病院
1999年1月~1999年11月 那智勝浦町立温泉病院
1999年12月~2001年6月 大阪府立病院(現 大阪府立急性期総合医療センター)
2001年7月~2005年12月 市立川西病院
2006年1月~ 大阪厚生年金病院
資格:
日本整形外科学会専門医
専門:
肩関節外科、スポーツ医学
五藤和樹
略歴:
2002年3月 福井医科大学医学部医学科 卒業
2002年4月 大阪大学医学部整形外科学教室に入局
2002年6月~2004年6月 大阪労災病院 整形外科
2004年7月~2005年12月 市立豊中病院 整形外科
2006年1月~2007年3月 姫路赤十字病院 リハビリ科
2007年4月~2008年3月 滝川市立病院 整形外科
2008年4月~2008年9月:大阪大学医学部付属病院 整形外科
2008年10月~2009年12月:星丘厚生年金病院 整形外科
2010年1月~2011年12月:信原病院
2012年1月~2012年12月:独立行政法人国立病院機構刀根山病院 整形外科
2013年1月~大阪厚生年金病院
資格:
日本整形外科学会専門医
日本整形外科学会認定スポーツ医
専門:
肩関節外科 スポーツ医学

手術実績

(2012年1月~12月)(年間289症例)
  • 関節鏡下腱板修復術 185例
  • 反復性前方脱臼に対する関節鏡下関節安定化手術 68例
  • 投球障害肩・スポーツ傷害肩に対する関節鏡下手術 11例
  • 変形性肩関節症に対する人工骨頭置換術 5例
  • 変形性肩関節症に対する関節鏡下関節形成術 3例
  • 肩後方不安定症に対する関節鏡下関節安定化手術 3例
  • 変形性肩鎖関節症・肩鎖関節内障に対する鏡視下手術 2例
  • その他 12例

対象疾患

  • 肩腱板断裂
  • 肩反復性前方脱臼
  • 投球障害肩
  • スポーツ傷害肩
  • 肩関節周囲炎(50肩)
  • 肩後方不安定症
  • 変形性肩関節症
  • 関節リウマチ
  • 肩鎖関節障害(変形性肩鎖関節症、肩鎖関節内障、肩鎖関節(亜)脱臼)

治療方針

肩腱板断裂
疼痛が強い、肩が挙がらない状態に対しては手術療法を行います。手術療法は主に関節鏡を用いて断裂腱板を修復する関節鏡下手術です。約1cmの傷が3~4つで行え、皮膚を大きく切るオープンの手術と比べ非常に低侵襲です。本来付着していた部分に断裂した腱を面で強固に固定する独自の工夫を行っています。
反復性前方脱臼
反復性に脱臼してしまう原因病変を精査決定し、手術療法を行います。通常は下関節上腕靭帯-関節唇複合体が破綻し、安定性を失っていることが多く、これを関節鏡下に修復します。骨欠損が大きく、下関節上腕靭帯-関節唇複合体を修復したとしても、脱臼する危険性のある場合は骨移植を行います。これも関節鏡下に行っています。再脱臼率の低下を目標にその手法に改良を重ね、より強固な、より解剖学的な再建法を考案し良好な成績を得ております。
投球障害肩・スポーツ傷害肩
投球障害肩・スポーツ傷害肩で最も多いのは投球動作などのオーバーハンドの繰り返しによって肩後方の筋肉の緊張が慢性的に強くなってしまっている後方タイトネスです。当院ではブロック注射とスポーツ医学センターでの運動・体操療法の併用により、多くの患者様が緩解・治癒しスポーツ復帰されています。同時に発生予防のための養生法もご指導しております。このようにして投球障害肩・スポーツ傷害肩に対して手術治療が必要となる患者さんが減ってきていることが当院での最近の傾向です。しかしながら、後方タイトネスの状態で投球を続けていた場合、いわゆる腱板疎部損傷や関節窩後方に発生するBennett骨棘の障害などを合併してしまい、運動・体操による保存療法では症状が改善しない場合、手術療法が必要となります。それぞれの病変に対して関節鏡下手術で処置を行います。
肩関節周囲炎(いわゆる五十肩)
いわゆる五十肩の患者さんにもスポーツ医学センターと連携し、ブロック療法と運動・体操療法による独自のアプローチをおこなっております。
節リウマチ・変形性肩関節症
保存的加療の効果が乏しい場合、手術療法を行います。炎症滑膜や突出した骨棘の切除などまずは関節鏡下の処置を検討します。関節破壊が強く、それらの処置では疼痛が改善されない登判断された場合は人工骨頭置換術や人工関節置換術を行います。

関連業績

主催学会
  1. 第16回関西臨床スポーツ医・科学研究会 2006年6月17日(大阪市)
  2. 第33回日本関節鏡学会(Combined Congress of JOSKAS 2007) 2007年6月14日~16日(札幌市)
  3. 第25回関節鏡セミナー 2007年8月3日~4日(大阪市)
  4. 第13回スポーツ傷害フォーラム 2008年1月26日(大阪市)
  5. 第35回日本肩関節学会 2008年11月28日~29日(大阪市)開催予定(HP:http://www.jss.umin.jp/35th)
主要論文
  1. Yoneda M, Hirooka A, Saito S, Yamamoto T, Ochi T, Shino K: Arthroscopic stapling for detached superior glenoid labrum. J Bone Joint Surg 1991; 73-B: 746-750.
  2. Yoneda M, Hayashida K, Izawa K, Shimada K, Shino K: A simple and secure anchoring system for Caspari's transglenoid multiple suture technique using a biodegradable poly-L-lactic acid button. Arthroscopy 1996; 12: 293-299.
  3. Hirooka A, Wakitani S, Yoneda M, Ochi M: Shoulder destruction in rheumatoid arthritis. Classification and prognostic signs in 83 patients followed 5-23 years. Acta Orthop Scand 1996; 67: 258-263.
  4. Yoneda M, Izawa K, Hirooka A, Hayashida K, Wakitani S: Indicators of superior glenoid labral detachment on magnetic resonance imaging and computed tomography arthrography. J Shoulder Elbow Surg 1998; 7: 2-12.
  5. Hayashida K, Yoneda M, Nakagawa S, Okamura K, Fukushima S: Arthroscopic Bankart suture repair for traumatic anterior shoulder instability: analysis of the causes of a recurrence. Arthroscopy 1998; 14: 295-301.
  6. Wakitani S, Imoto K, Murata N, Oonishi H, Ochi T, Yoneda M: An association between the natural course of shoulder joint destruction in rheumatoid arthritis and HLA-DRB1*0405 in Japanese patients. Scand J Rheumatol 1998; 27: 146-148.
  7. Yoneda M, Hayashida K, Wakitani S, Nakagawa S, Fukushima S: Bankart procedure augmented by coracoid transfer for contact athletes with traumatic anterior shoulder instability. Am J Sports Med 1999; 27: 21-26.
  8. Wakitani S, Imoto K, Saito M, Murata N, Hirooka A, Yoneda M, Ochi T: Evaluation of surgeries for rheumatoid shoulder based on the destruction pattern. J Rheumatol 1999; 26: 41-46.
  9. Kagaya K, Yoneda M, Hayashida K, Wakitani S, Nakagawa S, Maeda A, Izawa K: Modified Caspari technique for traumatic anterior shoulder instability: Comparison of absorbable sutures versus absorbable plus nonabsorbable sutures. Arthroscopy 1999; 15: 400-407.
  10. Yoneda M, Gartsman GM, Hammerman SM, Roddey TS: Neviaser’s contribution to the treatment of ALPSA lesions. J Bone Joint Surg [Am] 2001; 83: 621.
  11. Yoneda M, Izawa K, Wakitani S, Nakasato S, Hayashida K, Nakagawa S: Diagnostic imaging of unstable superior glenoid labral detachment: a comparison between MR arthrography and unenhanced MRI. Mod Rheumatol 2001; 11: 140-144.
  12. Nakagawa S, Yoneda M, Hayashida K, Wakitani S, Okamura K: Greater tuberosity notch: an important indicator of articular-side partial rotator cuff tears in the shoulders of throwing athletes. Am J Sports Med 2001; 29: 762-770.
  13. Maeda A, Yoneda M, Horibe S, Hirooka A, Wakitani S, Narita Y: Longer immobilization extended 'symptom free' period following primary shoulder dislocation in young rugby players. J Orthop Sci 2002; 7: 43-47.
  14. Hirooka A, Yoneda M, Wakitani S, Isaka Y, Hayashida K, Fukushima S, Okamura K: Augmentation with a Gore-Tex patch for repair of large rotator cuff tear that cannot be sutured. J Orthop Sci 2002; 7: 451-456.
  15. Yoneda M, Nakagawa S, Hayashida K, Fukushima S, Wakitani S: Arthroscopic removal of symptomatic Bennett lesions in the shoulders of baseball players: Arthroscopc Bennett-plasty. Am J Sports Med 2002; 30: 728-736.
  16. Matsuzaki S, Yoneda M, Kobayashi Y, Fukushima S, Wakitani S: Dynamic enhanced MR imaging of the subacromial bursa: correlation with arthroscopical and histological findings. Skeletal Radiology 2003; 32: 510-520.
  17. Nakagawa S, Yoneda M, Hayashida K, Obata M, Fukushima S, Miyazaki Y: Forced shoulder abduction and elbow flexion test: a new simple clinical test to detect superior labral injury in the throwing shoulder. Arthroscopy 2005; 21: 1290-1295.
  18. Mizuno N, Yoneda M, Hayashida K, Nakagawa S, Mae T, Izawa K; Recurrent anterior shoulder dislocation caused by midsubstance complete capsular tear: The clinical features and surgical results. J Bone Joint Surg [Am] 2005; 87: 2717-2723.
  19. Nakagawa S, Yoneda M, Hayashida K., Mizuno N., Yamada S.: Posterior shoulder pain in throwing athletes with a Bennett lesion: Factors that influence throwing pain. J Shoulder Elbow Surg 2006; 15: 72-77.
  20. Fujii Y, Yoneda M, Wakitani S, Hayashida K, Yoshida H: Histological Analysis of Bony Bankart Lesions in Recurrent Anterior Dislocation of the Shoulder. J Shoulder Elbow Surg 2006; 15: 218-223.
  21. Hayashida K, Yoneda M, Mizuno N, Fukushima S, Nakagawa S: Arthroscopic Bankart repair with Knotless suture anchor for traumatic anterior shoulder instability: Results of short term follow-up. Arthroscopy 2006; 22: 620-626.
  22. Yoneda M, Nakagwa S, Mizuno N, Fukushima S, Hayashida K, Mae T, Izawa K: Arthroscopic Capsular Release for Painful Throwing Shoulder with Posterior Capsular Tightness. Arthroscopy 2006; 22: 801.e1-801.e5.
  23. Nakagawa S, Yoneda M, Mizuno N., Hayashida K., Mae T, Take Y.: Throwing shoulder injury involving the anterior rotator cuff: Concealed tears not as uncommon as previously thought. Arthroscopy 2006; 22: 1298-1303.
  24. Nakagawa S, Yoneda M, Hayashida K, Mizuno N, Take Y: “Superior Bennett lesion”: A bone fragment at the postero-superior glenoid rim in five athletes. Arthroscopy 2007; 23: 1135.e1-1135.e4.
  25. Take Y, Yoneda M, Hayashida K, Nakagawa S, Mizuno N: Enlargement of Drill Holes After Use of a Biodegradable Suture Anchor: Quantitative Study on Consecutive Postoperative Radiographs. Arthroscopy 2008; 24: 251-257.
  26. 米田稔、脇谷滋之、広岡淳: RA肩の自然経過 -レ線学的検討. 肩関節 1986; 10: 160-164.
  27. 米田稔、脇谷滋之、広岡淳、林田賢治、藤原邦高、越智隆弘、小田剛紀、中嶋洋、宮内寿彦: 肩関節上方臼蓋唇損傷例の臨床的検討. 整外スポ医会誌 1988; 7: 127-130.
  28. 米田稔、宮内寿彦、林田賢治、藤原邦高、脇谷滋之、広岡淳: 肩関節鏡視下手術の経験. 日関外誌 1988; 7: 279-287.
  29. 米田稔、林田賢治、脇谷滋之: Impingement syndromeに対する subacromial decompressionの治療成績. 肩関節 1989; 13: 201-204.
  30. 米田稔、山本利美雄、林田賢治: 肩関節外傷性前方不安定症に対する鏡視下Staplingの適応と限界. 中部整災誌 1989; 2: 2270-2273.
  31. 米田稔、山本利美雄: 鏡視下Bankart修復術 -Stapling法を中心として. MB Orthop 1990; 25: 83-91.
  32. 米田稔、山本利美雄: 肩インピンジメント症候群に対する鏡視下肩峰下除圧術. 関節外科 1990; 9: 1025-1034.
  33. 米田稔: 肩の痛みについて -肩関節周囲炎を中心に. 季刊関西労健 1990; 15: 6-11.
  34. 米田稔: 関節鏡からみる肩のスポーツ障害 -鏡視下手術. 臨床スポーツ医学 1990; 7: 1133-1144.
  35. 米田稔、広岡淳、史野根生: 投球障害肩 - 病態と対策. Sports Medicine Quarterly 1991; 6: 21-32.
  36. 、冨田哲也、妻木範行、広岡淳、林田賢治、脇谷滋之、河村禎人: 投球障害肩に対する手術成績. 肩関節 1991; 15: 297-300.
  37. 米田稔、広岡淳: 肩関節外傷性前方不安定症に対する鏡視下Bankart修復術:stapling法とmultiple sutures(Caspari)法. 別冊整形外科 1992; 21: 178-181.
  38. 米田稔: 鏡視下肩関節形成術 - 鏡視下Bankart法と鏡視下上方関節唇修復術 -. MB Orthop 1992; 53: 71-81.
  39. 米田稔: 肩impingement症候群 - 鏡視下手術 -. 臨床スポーツ医学 1992; 9: 305-315.
  40. 米田稔、岡村健司、広岡淳、林田賢治、妻木範行、史野根生: 肩関節外傷性前方不安定症に対する鏡視下Bankart修復術:Stapling法とMultiple sutures(Caspari)法の術後成績. 肩関節 1992; 16: 330-334.
  41. 米田稔、福島直: 肩関節唇損傷. 臨床スポーツ医学 1993; 10: 749-756.
  42. 米田稔、福島直、林田賢治、広岡淳、脇谷滋之、妻木範行、井澤一隆: 肩関節唇断裂の手術成績の検討. 肩関節 1994; 18: 192-197.
  43. 米田稔: 関節スポーツ外傷の診断と治療:最近の進歩 肩関節のスポーツ外傷. 臨床整形外科 1994; 29: 29-43.
  44. 米田稔: 反復性肩関節脱臼に対する鏡視下Bankart手術. 整災外 1994; 37: 1035-1050.
  45. 米田稔: 肩のスポーツ外傷・障害の診断と治療. 大阪臨床整形外科医会会報 1994; 19:29.
  46. 米田稔、林田賢治、井澤一隆、脇谷滋之、広岡淳: 肩-有痛性Bennett病変に対する関節鏡視下手術の治療成績. 肩関節 1995; 19: 253-259.
  47. 米田稔、中川滋人、中里伸也、広岡淳、林田賢治、冨田哲也、河村禎人、脇谷滋之: 投球障害肩症候群の手術治療成績. 肩関節 1996; 20: 475-478.
  48. 米田稔(編集): 特集:投球障害肩と復帰. 臨床スポーツ医学 1996; 13: 121-189.
  49. 米田稔: 投球傷害肩の病態. スポーツ傷害 1996; 1: 13-17.
  50. 米田稔、林田賢治: われわれの行っているCaspari法(Caspari変法). 関節外科 1996; 15: 229-235.
  51. 米田稔、加賀谷圭子、山本隆文、中川滋人、井澤一隆、林田賢治: 外傷性肩関節前方不安定症に対する非吸収性縫合糸を用いたCaspari変法:吸収糸単独例との術後成績の比較. 肩関節 1997; 21: 619-622.
  52. 米田稔: 肩関節鏡下手術の進歩. マルホ整形外科セミナー 1997; 121: 25-28.
  53. 米田稔、堀田知伸、村 成幸: 肩関節多方向不安定症におけるCT関節造影所見と関節鏡所見. 整災外 1997; 40: 23-32.
  54. 米田稔、井澤一隆: 肩関節反復性前方脱臼の鏡視下手術-Caspari変法-.整災外 1997; 40: 339-345.
  55. 米田稔: スポーツ障害肩. 京都整形外科医会 1997; 40: 17-22.
  56. 米田稔、岡村健司、林田賢治: 有痛性肩関節疾患に対する高分子量ヒアルロン酸ナトリウム(アルツ)療法の検討. 臨床リウマチ 1998; 10: 63-66.
  57. 米田稔、瀧内敏朗: 整形外科領域における内視鏡下手術:肩の鏡視下手術の現況. JSES 内視鏡外科 1998; 3: 72-78.
  58. 米田稔: 教育研修講座-肩関節の鏡視下手術:現状と展望. 日整会誌 1998; 72: 85-101.
  59. 米田稔(編集): 特集:SLAP lesion(肩上方関節唇損傷)の診断と治療. 整災外1998; 41: 833-873.
  60. 米田稔: SLAP lesion(肩上方関節唇損傷)の診断と治療:イントロダクション -SLAP lesionとは何か. 整災外 1998; 41: 833-836.
  61. 米田稔、松本憲尚: 肩関節鏡視下手術は低侵襲手術か?骨・関節・靭帯 1998; 11: 1217-1221.
  62. 米田稔、小室 透: 拘縮肩症例への集中的理学療法は必要か? 日本臨床スポーツ医学会誌 1999; 7: 23-26.
  63. 米田稔: 五十肩の病態と治療. マルホ整形外科セミナー 2001; 148: 25-27.
  64. 米田稔、田中健毅、前達雄、水野直子、武富由雄:五十肩のリハビリテーション。関節外科 2003; 22(4月増刊号): 72-81.
  65. 米田稔:投球障害肩ー病態診断Update、関西臨床スポーツ医・科学研究会誌 2003; 13: 55-58.
  66. 米田稔:投球障害肩に対する私のアプローチ:関節鏡視下診断を中心に、スポーツ傷害フォーラム会誌 2004; 9: 67-70.
  67. 山田真一、米田稔、中川滋人、水野直子:投球障害肩の関節動揺性に関与している諸因子の検討.関節鏡 2005;30(1):71-76.
  68. 山田真一、米田稔、中川滋人、林田賢治、水野直子:非外傷性肩関節不安定症に対する鏡視下安定化手術の術後成績.肩関節 2006;30(2):331-334.
  69. 山田真一、米田稔:肩関節不安定症に対するThermal shrinkageの適応と限界.臨床スポーツ医学 2005; 22(5): 519-525.
  70. 米田稔: 次世代の鏡視下Bankart法:より確実なFootprint Fixationをめざして.関節外科2005; 24(11): 37-48.
  71. 山田真一、米田稔:非外傷性肩関節不安定症に対する鏡視下安定化手術.臨床スポーツ医学 2005; 22(11): 1399-1404.
  72. 山田真一、米田稔:非外傷性肩関節不安定症 スポーツ損傷に対する関節鏡手術実践ガイド 臨床スポーツ医学 2006;23(臨時増刊号): 209-218.
 
最終更新日:2014年8月13日
PageTop