面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

呼吸器内科

スケジュール 担当医

ご紹介

呼吸器内科は気管支と肺にまつわる非常に多岐にわたる病気を診察させていただく診療科です。気管支喘息に代表されるアレルギー疾患、COPD(慢性閉塞性肺疾患)に代表される多くがタバコ関連である気道疾患、悪性腫瘍である肺癌、細菌性肺炎、肺結核(外来治療のみ)、昨今ではCOVIT-19に代表されるウイルス性肺炎などの感染症、リウマチ・膠原病肺に代表される免疫異常や特発性の間質性肺疾患と極めて広い領域を対象にしています。
当院呼吸器内科は現在4名の常勤医で、これら呼吸器疾患の診断と治療にあたっています。 果たさなければならない責務から考えると極めて非力ではありますが各呼吸器領域の指導医、専門医が在籍しており、かつ当院は呼吸器内科以外の診療科が非常に充実していますので、当院ならではの特性を活かし、他科とも密接な連携のもとに迅速な診断と最新治療を提供するよう努めています。

特徴

近年、悪性腫瘍の中で我が国の死亡原因の第一位となった肺癌に対して 気管支鏡検査や胸腔鏡検査、CTガイド下肺生検などにより確定診断し、 CTやMRI、核医学検査などで病期分類を決定し呼吸器外科医や放射線科医とも連携して手術、放射線療法、化学療法などの治療を行っています。 また気管支喘息やCOPD(肺気腫)の患者さんも増加してきており、呼気NOや肺機能検査他を活用し確定診断に努め、吸入による気管支拡張剤やステロイド剤投与を中心とした治療、最近では重症の方へ生物学的製剤の使用を行いQOLの改善に努めています。症状が安定された場合はかかりつけの先生と連携を取りながら、発作時は当院で対応する体制となっています。 各種呼吸器疾患による慢性的な低酸素の状態で呼吸困難に苦しんでおられる患者さんには、在宅酸素療法なども導入させていただいています。 睡眠中に呼吸が停止する睡眠時無呼吸症候群についてはポリソムノグラフィなどで重症度を判定し、重症と診断された方には持続陽圧呼吸装置(CPAP)の導入を行っています。また、COPDや肺線維症の方を対象にリハビリテーション室との連携のもと呼吸器リハビリテーションも広げていきたいと考えています。 呼吸器疾患は、症状が似ており咳や痰などの自覚症状のみでは経過をみていてよい状態なのか直ちに治療を必要とする病気かの判断が難しいことが多く、症状が続く場合はぜひ専門医への受診をお勧めします。 一枚の胸部レントゲン写真や肺機能検査が病気の診断に非常に役立ちますし、今まで気づいておられなかった肺や気管支の病気が判明することもあります。慢性の咳など「どうせ、治らないから」とあきらめず、一度呼吸器専門医へご相談ください。

最終更新日:2021年4月26日

PageTop