病院長挨拶
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

病院長挨拶

写真 山崎芳郎院長
当院のホ-ムペ-ジをご覧いただき有難うございます。
                            
2018年には大阪北部地震、西日本豪雨、相次ぐ大型台風の襲来など想定外の自然災害が多発しましたが、2015年4月に新病院グランドオ-プンを終えた当院では、飛来物による窓ガラスや駐車場の物的被害と周辺交通網の乱れの影響を若干受けたに過ぎませんでした。  
然しながら、同じJCHOグル-プの星ヶ丘医療センタ-や大阪みなと中央病院では、震度6の揺れや暴風・高潮に起因した病院本体損壊や長期停電により診療上の不便さが長期化し、災害大国の我が国においては、医療機関への耐震改修工事が急がれる事を痛感しました(2017年厚労省調査では、全国の病院耐震化率は71.5%とのことです)。
 
一方、独立行政法人 地域医療機能推進機構(Japan Community Healthcare Organization: JCHO) 大阪病院は、(旧)大阪厚生年金病院を基盤とし、2014年に厚生団・全社連・船保協会といった歴史の異なる3組織に属する全国57病院の一つに加わり、より公的な性格を有する病院として新たな道程を歩み始めて激動の5年が経過し、独法第一期中期計画を終了しました。発足当時からの様々な混乱は未だ完全払拭には至っていないかも知れませんが、JCHOの理念「地域住民・行政・関係機関と連携し、安心して暮らせる地域づくりに貢献します」やジェイコ-の名称は、院内外を通じ漸く浸透してきたかと思われます。今年4月からは、これまで5年間の総括的評価を基に策定された第二期中期目標と計画の次なるステ-ジに突入した重要な年であると考えています。

そこで、当院におきましては、長年構築してきた様々な (組織と病院、病院と地域、患者さんと医療職員、チ-ム医療を構成する医療職員同士) の継承とイノベ-ションを基盤にしたリノベ-ション (病床再構築、安全危機管理、人材育成、働き方改革) への挑戦を念頭に入れながら、職員とともに日々歩み続ける所存です。 上記内容の一部は、昨年開催されました第4回JCHO学会(参加者約2,100名)の会長講演にて発表させて頂きました。今年秋には、日本各地でラグビ-(RWC 2019)の試合が開催され、桜ジャ-ジ(All Japan)の躍動が期待されています。新元号(令和)を迎えて、我々もAll(Osaka Hospital) for One, One for All(Osaka Hospital) の心意気で頑張って参りますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

このホ-ムペ-ジには、現時点での各診療科や各部門の具体的な活動内容や特色が掲載されておりますが、御覧頂いた皆様におかれましては、是非とも忌憚のないご意見を頂ければ幸甚と考えています。

 令和元年5月

JCHO大阪病院長   山崎 芳郎


最終更新日:2019年5月7日
PageTop