面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

脊椎外科開設にあたって

60年の長きにわたる歴史を有する大阪厚生年金病院は2014年4月にJCHO大阪病院と名称を変更し、2015年5月には新病院が竣工されました。新病院への移転に伴い、より高度で専門的な脊椎外科診療を行うべく2015年4月より脊椎外科センターを開設致しました。当院脊椎外科クリニックは旧大阪厚生年金病院時代から続く伝統あるクリニックであり、大阪市だけでなく全国から多くの患者様が来院されています。頚椎症性脊髄症、頚椎椎間板ヘルニア、頚椎後縦靱帯骨化症、腰部脊柱管狭窄症、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などは非常に頻度の高い疾患で、超高齢化社会の到来にともない、こういった脊椎脊髄疾患に苦しまれる患者様は年々増えておられます。また、変性側弯症や椎体骨折等の脊柱変形による”腰曲がり”で苦しまれる患者様も同様に増加していくものと予想されます。脊椎外科の役割はますます大きくなっていると言えるでしょう。

当脊椎外科センターではまず服薬やコルセット等による保存療法を試み、どうしても症状の取れない方に手術を行います。頚椎・腰椎における神経の除圧術や、脊椎インプラントを用いた固定術などを中心に年間500-600件の手術を行っており大阪府内では最も多く、日本でも有数の手術件数となっています。治療を担当するのは日本脊椎脊髄病学会から指導医の認定を受けた5名の脊椎外科専門医を中心としたスタッフです。手術室や病棟のスタッフも脊椎外科の専門的な治療、ケアに習熟していますので安心して治療を受けていただけます。また高血圧・糖尿病などの生活習慣病に代表される内科的疾患の既往がある患者様には手術前後の全身管理に専門的治療が必要となることも少なくありません。当センターでは内科をはじめとする他科との連携を密にとることで、心臓病や糖尿病、透析等の既往がある方でも安心して手術を受けていただける環境が整っております。内視鏡的治療、顕微鏡的治療も積極的に取り入れていますが、その長所短所を見極めて従来法と使い分けることでよりより安全で確実な治療を行うことができています。さらに従来は非常に高侵襲・高リスクであった変性側弯症等の脊柱変形に対する手術も、ハイブリッド手術室による術中CT(図1)や前方アプローチ(Lateral
Interbody fusion: LIF)の導入により、なるべく侵襲を抑えて安全に行えるよう努めています


このように地域の皆様により良い高度専門治療が提供できるよう、努力していく所存ですので今後とも当院、脊椎外科センターをよろしくお願いいたします。

seikei_sekistui_ct2017
図1 ハイブリッド手術室による術中CT

脊椎の変形が強い症例でも、スクリュー等の脊椎インプラントの位置を術中に正確に評価できるので、従来よりも安全に手術を行えます。

脊椎外科センター

最終更新日:2020年1月10日

PageTop