面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

患者さんへのお願い

1.がん登録について
がん登録はがんの種類別の診療内容や生存率を検討することにより、診療や予防に役立てるものであり、日本のがん診療の把握や今後の医療政策のためにかかせないものです。
当院においても、がん登録を行っており、厳密な情報管理のもと、集積した登録データを大阪府および国に報告しています。
当院外に報告するときには、個人は特定されなくなる仕組みになっています。
⇒院内がん登録の詳細について

 
2.病理検体の取り扱いについて
手術で摘出した切除臓器、あるいは生検にて採取した組織は、病気の診断や治療方針を決定するうえで極めて重要な検体です。
臓器や組織の一部は、パラフィン・ブロック、顕微鏡標本として当院にて保存されます。
また、写真やビデオなどの画像情報として保存され、学術活動にも活用されます。

 
  エヌシーディー
3.NCD(National Clinical Database)について
エヌシーディー
N C D(National Clinical Database)は、我が国の外科手術症例を把握するために企画された全国規模のデータ・ベース事業です。
日本外科学会が主催しており、手術の質改善を目的とし、全国の各施設が対象です。
当院の日本外科学会に所属する外科系診療科(外科、乳腺内分泌外科、心臓血管外科、脳神経外科)においても、
手術症例をNCDに登録しています。
自施設の特徴を全国の標準的治療と対比することによって、治療改善や向上に努めています。
データ登録において、患者さんの情報は厳重に管理されています。

 
最終更新日:2016年2月16日
PageTop