面会についてのお願い
病院長あいさつ
病院紹介
外来のご案内
外来診療担当医
入院のご案内
お見舞いの方へ
健康診断をご希望の方へ
交通のご案内
お問い合わせ先
診療実績・臨床指標
調達情報
契約公開
情報公開
バリアフリー
リンク
クリニカルインディケーター
病院広報誌
看護ケア推進たより
看護部インスタグラム
産婦人科instagram
当院でのお産について
患者さんへのお願い
ご寄附のお願い
個人情報保護方針
放射線治療について
JCHO版病院総合医
臨床研究情報の公開について

糖尿病・内分泌内科

ご紹介

糖尿病を代表とする代謝疾患、ならびに、内分泌疾患の診断と治療を行います。
糖尿病は、インスリンの作用不足による慢性的高血糖を基本的病態として、その結果、細小血管障害(腎症、網膜症、神経障害)や動脈硬化性疾患(狭心症、心筋梗塞、脳梗塞、下肢閉塞性動脈硬化症など)といった種々の合併症を起こす疾患群です。
内分泌疾患は「ホルモンの異常によってもたらされる病気」です。近年、ホルモン測定法と画像診断が進歩し、内分泌疾患の診療はより正確で負担が少ないものへと発展してきました。当科の役割は、ホルモンの過不足を評価してそれを是正することにより患者さんの生活の質を高めることです。

診療体制について

糖尿病あるいはその関連病態
個々の症例に対して、インスリン作用不足の原因や合併症も含めた病態を包括的に評価し、適切な治療法を選択して合併症進展を予防することを目標としています。そのために、多職種からなるチーム医療を実践し、また、長期の治療の負担を軽減する目的で、診療所(かかりつけ医)との連携を重視しています。合併症のチェックや栄養指導、ならびに、フットケアを目的としたご紹介もお受けしています。
主な対象疾患は、以下のようなものです。
① 糖尿病の疑い
「尿糖陽性」「糖尿病の疑い」「境界型(糖尿病)」などと指摘された方が対象です。必要に応じて、ブドウ糖負荷試験を行い、現在の病態を評価して治療方針を検討します。境界型でも、動脈硬化性疾患の危険があると言われています。特に、肥満、高血圧、脂質異常症などが伴えば要注意です。「メタボリックシンドローム」とは、内臓脂肪の蓄積を基盤として、糖代謝異常、高血圧、脂質異常症を来たす状態ですが、それぞれが軽症でも重複することによって動脈硬化が進展することが知られています。
② 2型糖尿病
糖尿病の中で最も多いタイプです。糖尿病になりやすい体質に、過食や運動不足といった生活習慣の変化が合わさって発症すると言われています。日本人を始めとするアジア人は、元々、糖尿病になりやすい体質を有しており、ごくわずかな生活習慣の乱れやストレスで発症することもあります。しかし、早期に診断されて適切な治療が開始されれば、合併症の発症・進展を抑制することができます。
③ 1型糖尿病
発症原因として、生活習慣は特に関係なく、何らかの原因でインスリンを産生する膵β細胞が著しく減少してインスリン欠乏状態になることで発症します。したがって、適切にインスリンを補充することが治療の原則となります。その方法としては、血糖自己測定をしながら、ペン型インスリン製剤を使用して健常者のインスリンパターンを模倣するインスリン強化療法が一般的です。また、適応のある方には、インスリンポンプを使用した持続皮下インスリン注入療法(CSII)を積極的に導入しています。
④ その他の原因による糖尿病
他の疾患やその治療に関連して発症するなど、種々の原因による糖尿病の診断と治療を行います。
⑤ 妊娠糖尿病と糖尿病合併妊娠
妊娠中は、より厳格な血糖コントロールが求められます。非妊娠時なら糖尿病と診断されない程度の軽い糖代謝異常(妊娠糖尿病)や、糖尿病の方が妊娠した場合(糖尿病合併妊娠)に対応した治療を行っています。また、糖尿病の方が妊娠を計画される場合、予め、妊娠中に適した治療方針に変えておく必要がありますので、その場合もご相談下さい。
内分泌疾患
必要に応じてホルモンの刺激試験、抑制試験などの検査を入院の上行い、最適な治療方針を決定いたします。当院では、内科と小児科がともに日本内分泌学会の認定教育施設となっております。従って、小児科で内分泌疾患の診療を受けた方が成人された後も、二つの科が連携して生涯にわたりサポートさせていただきます。また、内分泌疾患を合併している妊婦さんなど他科の患者さんにも数多く対応しています。かかりつけ医の先生がいらっしゃる場合は紹介状をご持参の上、お気軽にご相談ください。
① 視床下部・下垂体疾患
例)下垂体前葉機能低下症、成人成長ホルモン分泌不全症、先端巨大症、クッシング病、中枢性尿崩症、抗利尿ホルモン不適切分泌症候群
② 甲状腺疾患
例)バセドウ病、慢性甲状腺炎(橋本病)、無痛性甲状腺炎、亜急性甲状腺炎、甲状腺腫瘍
③ 副甲状腺および関連疾患
例)原発性副甲状腺機能亢進症、副甲状腺機能低下症、骨粗鬆症
④ 副腎疾患
例)原発性アルドステロン症、クッシング症候群、褐色細胞腫、副腎皮質機能低下症、先天性副腎過形成
⑤ 性腺疾患
例)性腺機能低下症

最終更新日:2019年4月9日
PageTop